エストロゲンの働きサポート【魅力アップでメロメロ】

男女

合成ビタミンの驚くべき力

さぷり

美容と健康を促進する働き

アスコルビン酸は、ビタミンCの作用として知られるラクトン構造の合成化合物で、しばしばビタミンCと同等のものとして語られることもある成分です。基本的には酸化を防ぐための食品添加物ですが、その抗酸化効果を体内に摂取した後に引き出すことで、サプリメントなどの健康食品にも使われるようになっています。アスコルビン酸の効果のひとつである抗酸化作用は、メラニン色素の合成を抑制したり、活性酸素を除去したりする働きに結びつくもので、これが美肌や育毛効果、アンチエイジングを促すとして、女性から注目されています。また、アスコルビン酸にはコラーゲンの生成を助ける働き、血行を促進し、新陳代謝を高める働き、過剰な皮脂分泌を抑制する働きなども確認されており、これが健康に良いとされる要因となっています。

摂取の仕方に工夫が必要

基本的に、ビタミンCは人間の体内では生成できないため、アスコルビン酸をビタミンCの補給物質として摂取する場合、その滞在時間に注意する必要があります。ビタミンCは水溶性で、それゆえに過剰な摂取をしても排出されるだけというメリットもありますが、それは体内に滞在しにくいというデメリットにもなります。アスコルビン酸配合のサプリメントを摂取する場合は、朝、昼、晩と時間を分散させて摂取することで、体内のビタミンCを一定に保つことができるようになります。また、ビタミンEやカロチノイドといった、他の抗酸化物質と一緒に取り込むことで、酸化してしまったアスコルビン酸を還元し、その分滞在時間を延ばす効果が期待できます。