エストロゲンの働きサポート【魅力アップでメロメロ】

男女

腎臓病予防に効果的な成分

おんな

老廃物を調べて早期発見

クレアチニンというのは腎臓病の疑いや症状の進み具合を測定できる物質で、元々は体内の老廃物のことです。そのため尿や血液に含まれており、それを調べることで腎臓病の早期発見ができるのです。血液中のクレアチニン値が高いというのは、腎臓のろ過機能がうまく働いていないということです。また尿の中にクレアチニンがたくさん含まれていると、それだけ腎臓に多くの負担がかかっていることになります。過度に負担をかけると腎不全などの病気になるので注意が必要です。クレアチニン値を正常に戻すためには、普段の生活を見直すことが大事で、適度な運動をすること、食事に気をつけること、タバコやアルコールの摂取を控える事などが重要になります。

食生活の改善とサプリ効果

普段の食生活では塩分やタンパク質の摂取を控えることが大事です。そして腎臓に良い効果を与える食べ物を摂取することが必要です。例えばマグロやカツオをはじめとする青魚には、血液をサラサラにする効果があります。また麦茶も普段から飲み続けると、腎臓への負担を軽くする効果があります。その他にもタマネギや赤ワイン、ココア、リンゴなども効果があります。特にリンゴやバナナに含まれているポリフェノールは強い抗酸化作用があるため、尿酸が排出されやすくなります。尿酸はクレアチニンと関係が強いので、尿酸値を下げることでクレアチニン値を下げることができるのです。このような食事と併行してサプリを利用すると効果が上がります。特にノコギリヤシやペポカボチャなどの含まれているサプリに高い効果があります。