エストロゲンの働きサポート【魅力アップでメロメロ】

男女

若々しい体を保つために

サプリメント

抗酸化作用の栄養素

セサミンという栄養素をご存知でしょうか。セサミンは胡麻に含まれる抗酸化物質です。胡麻油を作るときに脱色過程でできるものなので、胡麻油に大量に含まれています。胡麻油が酸化されにくいのは抗酸化作用持つセサミンの効果によります。先ほどお話しした通り、セサミンは老化を防ぐ効果があります。細胞の酸化を防ぐので、若々しい体を維持できるでしょう。また、がんも細胞の酸化によって起きるものなので、がんの予防にも効果があります。セサミンにはコレステロール値を減少させる効果もあります。悪玉菌のコレステロールを減少させるので、動脈硬化予防になります。また、アルコールを飲んだときに分解を促進させ二日酔いを過ぎます。肝臓の働きも助けてくれます。また胡麻は昔から漢方薬に使われており滋養強壮、疲労回復等に優れています。さらに、セサミンの作用によって老化防止やコレステロール値の低下など多くの効果が期待できます。

効率よく摂取するために

では、どのくらいの量をとったら健康によいのでしょうか。セサミンの1日の目安量は10mgと言われています。胡麻で換算すると約3,000粒になります。すり胡麻の方が消化吸収率が高いので、より効果的です。また、白胡麻より黒胡麻の方が抗酸化作用が高く、免疫力を高める効果もあります。しかし、毎日その量の胡麻を食べることができないので、サプリメントを利用するのがお勧めです。また、体に良い胡麻ですが脂質が多いので、食品としての取りすぎには注意が必要です。サプリメントだとセサミンの量が表示になっていて分かりやすいですし、大量の胡麻を食べなくてもすみます。他の栄養素も含まれているものもあり、組み合わせ次第では、より抗酸化作用を得られるでしょう。